DAYAの雑記の最近のブログ記事

今日はECCOをお供にして少しシェアします。

111119_115650.jpg


Eccoは他のカードたちと違って、
具体的な物質的なものは描かれていません。

色と線だけで、さまざまなインスピレーションを刺激してくれます。

アーティスト、
セラピスト、
空想好きの人。
色が好きな人。
言葉の言語化が苦手という人。

その他いろいろな人がこのカードを愛してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は雨の週末。
予定していたことがキャンセルになり、
ある講演会を聞きながら自宅で作業をしていました。

自称「ありえないマーケティング」コンサルタントの
原田翔太さんという若い男性がいるのですが、
面識はないのですがたまに元気だなーと思って興味本位でのぞいていました。
(顔が弟に似てるのw)

さて、彼は色々な人と対談をしているのですが、
今日きいていた音声データでは、
大阪経済大学の古宮昇教授(心理学)と対談をされていました。


テーマは、ズバリ
「大切なもの、人を失ったとき、我々はどうすればよいか?」

興味のある方はこちらをみたらよいかと思います↓
http://bit.ly/ruFCP3

・・・・・

OHカフェなどでもお話していますが、

カードたちの使い方は無限。

そのかわり、共通してエチケットという文化によって
このカードの可能性と自由が安全とセットになり、
素晴らしい効果を発揮してくれます。

OHカードのエチケットには、
個人の意思の尊重をあらゆる側面から守りましょう、という理念があります。

エチケットについてはコチラ↓

http://www.oh-card.jp/using-guide_rules.html

その人のペース、その人の意思、その人の中で起きてることを
とことん、尊重するのです。

なので、私はカウンセリングの勉強からこういうことを学んだというよりも、
OHカードを7年間紹介し続けていくうちに、
自然とその尊重していく文化を身に着けていたように感じています。

それが、今年に入ってさまざまな心理学の分野でもそう言われ始めていることを
耳にすると、とても共感。


最近私が参加している「コミュニティ・カウンセラー」の講座などでも、
聞きましたし、
今日ご紹介している対談の中でも

「これまでは、過去の出来事を語ってもらったり、
絵に描いてもらったりする手法をとっていたが、
最近はそれはやらないほうがいい、という傾向になっている。」

という話を耳にします。

私たちは、つらかった出来事や、今抱えきれない感情は
いったん冷凍保存するという、サバイバルシステムをもっています。

記憶がない、などはそういう場合があります。

しかし、それはなくなったわけでもないし、
無かったことにしていいということでもありません。

大事なのは、無理に今話さなくていい。
本人が話したくなった時に、話せばいい。

ということ。

対談を聞いていて、同じようなことをおっしゃっていたので
深くうなずきながら共感していました。


私たちは、その場がどんなに
自己開示や内側のシェアがなんとなく期待されていても
話さなくていい権利をもっているし、それは尊重されていたほうが
心地のいい場になります。

具体的に出来事を話さなくても、今、その人の中で起きていること、を
その人がその人なりに感じることができる。
そのことが大事なのです。

対談でも近いことを聞きましたが、
悲しみを感じることは大切だし、それを無いことにしてしまうことはとても危険です。

でも、その人の感じ方がある。

その人のタイミングがあり、その人のペースがある。

それを尊重していくには、
聴く側、場を提供する者にとってはたまにチャレンジングになります。

自分のエゴや好奇心をぐっとこらえていくことが必要になる場面も沢山あります。

「こうしたらいいのに」、と思うのは、
そう思っている自分の中の、自分のペースなんだ、と自覚して、
住み分けできてることが大切。

それができている人って、そばにいるだけでほっとします。

・・・・・

さて、ECCOに話を戻します。

そういうわけで、
このカードはそういう、具体的な話ではなく、
なんとなくぼんやりとした感情、印象、感覚などを
表現したり、みたり、感じたりする場面にとても有効です。

東日本大震災でさまざまな出来事を多くの人が、
いや、世界中の人々が色々なことを感じ、体験したと思います。

それを整理したり、ケアしていくのに、
ECCOって結構使えるんだけどな。

インドネシアの津波の時も、
OHカードは実は子供たちの心のケアに使われてるんですよ。

ECCOは色で遊んだり、絵を描いたり、
ここから歌を生みだしたり、音や動きで表現したり
なんかもできるのだけど、

今日は震災やココロの話の対談を聞いていたのでまたいつか話しましょう。
OHカフェなどでもこういう話をしています。
遊びに来てね!
(次回は12月12日です。)

ちなみに、ECCOの詳細ページはコチラです↓

http://www.oh-card.jp/products-order/oh_06.html

この辺で!


いつの間にかmixi内のOHカードコミュ、70名以上になってるんですね!

すごいなぁ…

嬉しいなぁと

朝っぱらからしみじみしているDAYAです。

OHカードについて改めて今語っているのがやっぱり一人じゃなくて

色んな人たちと一緒に使うのがすごくパワフルだってこと。

それぞれがエチケットで守られた安全な空間で

ぐんぐんと自分を深めていけるのがDEEP BASICの特徴です。

単なる使い方講座以上の企画。

ぜひ来てみてくださいね。

↓にはワタシのブログやmixiで書いたことをのせます。

よかったら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もういいかげん、ほっとしたいとは思いませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(なんかの怪しい勧誘のタイトルみたいww)

今年の1月からスタートしたOHカードBASICとADVANCE。

GWには長野でリトリート。

すごいスピードでOHカードのネットワークが広がっています。

OHカードの企画で、守られた場をつくり

安心できる場所で自分の好きな分だけ語っていく。

こんなにもナラティブセラピー(語りのセラピー)とアクティブリスニング(傾聴)が

徹底されていく時間ってそうないと思う。

OHカード、そしてメミさんと出会ってからのこの4年間、

沢山の変化があって

沢山のキヅキがあって

それを少しでもシェアしていきたい。

体感してほしい。

そんな願いが叶いだしています。

参加した人たちは、みんながそれぞれに変容をとげて

それぞれの人生にとって大きなきっかけになったみたいだし

なによりも、「あの」空間と時間、

ようは「OH文化」とでもいっていいような独特な感じを

共に知っている仲間たちが

徐々に広がってきていて、

みんな「多くの人に知ってほしい」

「日常でもこれが普通にできればなんてすばらしいだろう」

と口々にいいます。

実は今、OHカードについての話をみなさんにお見せする形で準備中。

あらためてメミさんとイロイロと語りだしています。

振り返って、自分たちがどんなに

OHカードのおかげで変わってきたか

どんなに沢山のキヅキと学びがあったかが

改めて見えてきました。

人に対する向き合い方

同時に、

自分に対する向き合い方が大きく変わったり、

直観力やインスピレーションをベースに生きているようになったり。

シンクロニシティは、起きるものではなく

起こすものなのだ、ということもでてきたり。

自分のいろんな面を許せるようになったり。

一言で言えば

とても楽に生きれるようになったね、

どんなときも、なんだかほっとしているね、ということ。

あなたもOHカードが作り出す魔法の場にまざりにきませんか?

「聴く」「語る」ということのパワフルさを実感しにきてみませんか?

忙しい二人。国内になかなか一緒にいることのない二人。

でも、仲間と出会っていくのが楽しくて(笑)

年内は二人ともがんばって関西と関東でBASICとやります。

11月にはAdvanceを。

来年の予定はまだ未定です。

徐々に、参加申し込みがはじまっています。

少人数制なので、直感的にびびび、ぐぐぐ、ときたら

早めにお申込ください。

とてもほっとできる、

独特な世界が待ってますよ。

ね、そうでしょう?>体験者のみなさま

自分のワークを深めるのはもちろん、

アクティブリスニング(傾聴)や、様々な気づきへのトレーニングにもなります。

そして勿論、カードの使い方も身についてしまう。

1石4鳥くらいの企画です。

必要としている人たちに届きますように…

―――――――――――――――――――――――――――――――

【10月11日・12日】OHカードベーシック@関西 定員6名(残り2名)

【10月17日・18日】OHカードベーシック@早稲田 定員4名(残り2名)

【11月21・22・23日】OHカードアドバンス@早稲田 定員4名(残り3名)

※アドバンスの参加資格は、ベーシック、もしくはリトリート参加者です。

<時間> いずれも10時~17時(若干延長することがあります。)

<参加費> ベーシック 8万円  アドバンス 12万円

http://www.oh-card.jp/news/2009/09/checkoh-basicadvance.html

―――――――――――――――――――――――――――――――

OHカードが日本でも徐々に広まり、

知る人ぞ知るOHカードのような感じになってきているようです。

多くの人たちにOHカードの存在を知ってもらいたい、

紹介していきたい!と願いながら活動をすすめてきたDAYAやメミにとって、

とても嬉しいことです。

同時に、最近、

◆「OHカードをセッションでうけて、とても不安になった。」

◆「いろいろ思うことはあったけど、

セラピストの人がそこで話を進めたのでそのままにした。」

◆「解釈された気がした」

だから、OHカードっていったい何?という問い合わせや

コメントが届くようになりました。

広まったことで喜ばしく感じているのですが、

ドイツの出版社から正式に紹介を任されているOHcard.jpとして

この出来事についてコメントを書いていく必要がでてきたことも事実です。

========================

OHカードはあらゆる使い方が可能です。

そしてとても自由です。

その「自由」がどうもいろいろなことを呼び起こしているようです。

忘れてほしくないのは、

OHカードは自由に使うことができるカードですが

使う際には最低限のエチケット、もしくはルールともいえるものがあります。

◆お互いのプライバシーを尊重しましょう。

カードを引くか引かないかは自由です。引いたカードを周りの人に見せてもいいし、見せなくてもかまいません。その理由を説明するかしないかは本人の判断にゆだねましょう。相手に強要しないこと。

◆お互いを尊重しましょう。

相手の話に割り込まないこと。話を遮らないこと。

◆お互いの知性と想像力を尊重しましょう。

たとえ心のなかであっても、相手のカードを解釈したり、相手の解釈を再解釈したりしないこと。

◆お互いの人格を尊重しましょう。

相手の解釈に異議を唱えたり、議論をもちかけたりしないこと。OHカードに「正しい解釈」はないのです。

◆お互いの個性を尊重しましょう。

OHカードを使うときには、相手が自分と同じように見ている、同じように感じている、同じように読み取っていると考えないこと。

Joan Lowrence & Ely Raman, "A Little Book About The OH Cards," 2005, Eos Interactive Cards, p.39, translated and arranged by Megumi Shibuya

言い換えれば、OHカードを使う際のエチケットを大きくまとめると、大切なことは次の3つです。

・パスができる

・最後まで話を聞く

・解釈をしない

このエチケットを、OHカードは、そして私たちはとても大切にしています。

OHカードの絵には、なんの意味もありません。

あるカードを引いたからといって、

それが何かを予知していたり、

なにかと関連づいていたりする、とはかぎりません。

あくまでも、引いた人がどう感じるか。

あるいは、感じないか。

それにつきます。

ですから、

OHcard.jpでは、特に「リーディング」という言葉を使っていません。

「OHカードリーディング」や「OHカードに聞く」という表現については、

エチケットをキチンと理解されないまま、使っていらっしゃる可能性が考えられます。

セッションをされている方、特にお金をとってお仕事で使っていらっしゃる方は

ぜひ一度私たちのワークショップで

そのOHカードがもつエチケットを体感していただきたいと切に願います。

================================

「OHカードセラピスト」という表現について

OHカードは、あくまでもツールです。

そして、とてつもなく広い範囲の分野で、

とてつもないオリジナルな使い方の可能性を秘めています。

ですから、世界で使っている人たちを見比べると、

OHカードが表に出るというよりは、

むしろその人の本職、専門的なスキルをサポートするような存在になっています。

OHcard.jpはOHカードを広めていくことをミッションとしていますから

表にだしていくことは当然だと思いますが、

OHカードは例えば、

オーラソーマや、バッチフラワーエッセンスや、タロットカードや、

そういった、

その道具自体が独特の世界観をもっているようなツールとはコンセプトが異なります。

OHカードは、セラピストをしている人のセッションを深め、

アーティストの直観力をサポートして、

作家のインスピレーションを手助けし、

学校の教育の場で子どもたちのために使われ、

異文化交流の場で会話が促進され、

そういったときのサポート的な存在として、

OHカードは活躍しています。

日本でOHカードを広めていく際に、ドイツの出版社から

「絶対に、OHカードは占いのようなものではない

ということを強調していってほしい。」と言われています。

ですが、どうしても潜在意識や深い部分につながる力をサポートしてくれる

このOHカードというツールは、

カードリーディングを好まれる方々の間で広まっているようです。

OHカードは、占いではありませんし、リーディングの道具ではありません。

ぜひ、他のカードとは異なる面があるということと、

再び、エチケットのことなどをきちんと理解したうえで

ご利用くださいますよう、お願い申し上げます。

OHカードは1対1という場面での使い方以外にも

沢山の、

本当に沢山の使い方、遊び方があります。

OHカードは深い!と思われている方も多いと思いますが、

OHカードは、深くもあり、浅くもあるのです。

浅いことは、悪いことではなりません。

深いことが、かならずしもいいことでもありません。

その人その人が、その瞬間にそれらを選択していける、

その可能性こそが

このOHカードが守ってくれる「自由」なのです。

==========================

最後に、

OHcard.jpでは現在、「OHカード・ナビゲーター(略してOHナビ)」

という資格制度をつくり、

DAYAとメミと共に、OHカードのエチケットを理解し、

その文化とカードの使い方をニュートラルに、

幅広く紹介していけるような方々を養成しています。

夏までには最初のOHカード・ナビゲーターさんたちが誕生する予定です。

この方々は、私たちがOHカードのことをきちんと説明できる人、

と保障ができる人たちになることでしょう。

(注:OHカード・ナビゲーターは、あくまでもナビゲーターであり、

セラピストではありません。)

OHカード・ナビゲーターさん以外の方にOHカードを使ったワークをお受けになり、

不安な気持ちになられたり、不快な想いをされた場合、

どうか勇気を出しあて、そのことをお受けになったセラピストなり、

カードリーダーの方に直接フィードバックしていっていただきたいと思います。

そして、ぜひ、私たちのワークショップに参加しにきてみてください。

OHカードは、エチケットを守ると

とても安全でとてもフェアなコミュニケーションができるためのツールです。

========================

DAYAもメミも、今後ももっともっと、

沢山の使い方、

このカードがもつ可能性を日本の皆さんに紹介できるように

努力してまいります。

先日、長野で開催されたOHカード・リトリートで、

またOHカードのエチケットが持つ文化を

キチンと体験された方々が増えました。

このように、少しづつ、この心地よい仲間が増えることを願っています。

またなにか不明な点がありましたら、

お気軽にOHcard.jpまでお問合せください。

love

DAYA&メミ

場所については全員が、ワークショップに全体についてもほぼ全員の方が「最高」と答えてくれたアンケートから、いくつか感想をご紹介します。

DAYA自身の感想はまた後日、あらためて…

まずは

【場所についての感想】

からご紹介しますね!

「大自然!そして清潔でいい匂いで、居心地のよい場所!

美味しい欲時また食べたいし、感動!

料理の工夫、お掃除や食事にこめられたスタッフさんの心がすごいと思いました。

ベッドがすごくよい!!」

「参加しなければ頂けなかった大きな「気づき」や安全安心の場や皆さんに出会えた事が嬉しいです。」

「空気が気持ちよくて、食べ物が身体に気持ちよくて、美味しくてスーっとしました。」

「森のしずくに入った途端、胸がいっぱいになってとても気持ち良く過ごすことが出来た。またきたい場所です。」

次に

【ワークショップについての感想】

をいくつか。

「みんなのシェアから学ばせてもらうこと、特に人の暖かさを体感させてもらいました。自分のことをシェアする時は、始め緊張してしまいますが、話していくうちに安心して話していける場の雰囲気がよかったです。」

「本当に、本当にここへ来られて、来てよかったです。

ジメジメ・モヤモヤしていたものがスーっととけました。

神社で上へ上がった時に、自分にかえってこられました。

仲間って本当にいいな~って心がじんわり温かくなりました。

そしてずっとOHカードやOH仲間にかかわり続けていきたくなりました。」

「この場に来たからこそ味わう癒しや

自然にふれてわきあがるものに助けられました。」

「本当にラクな3日間でした。

沢山の気づきと自分へのごほうびをいっぱいもらえました。」

「時間がたりなーい!と思ったので、「よかった」にまるしてしまいました。

じっくりOHカードで遊べたし、みんなを信頼して言葉にすることもできて

本当に濃い時間でした。」

また、他の感想も機会があったら紹介していきますね。

参加者皆さんがアンケートに

「このリトリートはオススメできますか?」という問いに

「YES」とこたえてくれました。

リトリートの後も、いろいろな流れと出会いがあり、

また来年も開催されそうです。

今回参加できなかった方、また参加したい方、詳細が決まり次第アップしますからチェックしておいてくださいね。

OHカードが売り切れになるくらい、

日本でも広まってくれて、

DAYAはとても嬉しいです。

次の入荷は4月中旬。

もう少しまっててくださいね。

さて、そんな嬉しい悲鳴の中、

イロイロな方からお問い合わせなども

頂くようになり、

少し気になることがありましたので、

OHcard.jpからのコメントをアップしました。

一読いただけると嬉しいです。

特に、OHカードをセッションに使っていらっしゃる方は、

参考にしていただけると嬉しいです。

---------------

えっと。

OHカードはとても自由なカードです。

遊び方も自由。

使い方も自由。

ただ、エチケットがあります。

ルール、ともいえます。

そのルールと違う使い方をOHカードて体験したという声があがってきています。

つまり、解釈されたと感じたかたから、私たちに問い合わせがきているのです。

感じ方は様々ですし、

その場にいませんから

なんともいえませんが、

OHカードのセッションをされている方、または受けた方は

OH-card.jpのサイトでもご紹介しているルールを、

ぜひもう一度

丁寧に読み返していただきたいと思います。

http://www.oh-card.jp/using-guide_rules.html

---------------

基本的なルール

---------------

OHカードの使い方は、自由で無限。それぞれの専門や目的に応じて、自由に創造的に使うことができるクリエイティブなカードです。

よりOHカードを使う・遊ぶときの最低限のルール。

それは自分と相手を尊重することです。

OHカードの世界をより豊かに楽しむため、次の5つの基本的なルールを守りましょう。

◆お互いのプライバシーを尊重しましょう。

カードを引くか引かないかは自由です。引いたカードを周りの人に見せてもいいし、見せなくてもかまいません。その理由を説明するかしないかは本人の判断にゆだねましょう。相手に強要しないこと。

◆お互いを尊重しましょう。

相手の話に割り込まないこと。話を遮らないこと。

◆お互いの知性と想像力を尊重しましょう。

たとえ心のなかであっても、相手のカードを解釈したり、相手の解釈を再解釈したりしないこと。

◆お互いの人格を尊重しましょう。

相手の解釈に異議を唱えたり、議論をもちかけたりしないこと。OHカードに「正しい解釈」はないのです。

◆お互いの個性を尊重しましょう。

OHカードを使うときには、相手が自分と同じように見ている、同じように感じている、同じように読み取っていると考えないこと。

Joan Lowrence & Ely Raman, "A Little Book About The OH Cards," 2005, Eos Interactive Cards, p.39, translated and arranged by Megumi Shibuya

---------------

つまり、大きく3つにわけると

・パスができる (やりたくない人、話したくない人に無理強いしない)

・話をさえぎらない(最後まで聞く、その人のスピードを尊重する)

・解釈しない(人が引いたカードの話について、他の人は意見をしない)

となります。

このエチケットを尊重して使っていくとなると、

他のタロットカードやオラクルカードのように

カードを引いた人意外の人が、

そのカードについてカードリーダーが述べるということは

自然にできなくなるはずです。

すれば、

「相手の解釈に異議を唱えたり、議論をもちかけたりしないこと。」

「OHカードを使うときには、相手が自分と同じように見ている、同じように感じている、同じように読み取っていると考えないこと。」

というエチケットを守らないということになりますから。

ですから、OHカードのセッションはとても独特なものになります。

カードが何かを意味するのではなく、

そのカードを通してひいた人が自分のインスピレーションとつながり、

そのときの、その人にとっての、解決なりヒントをみつけていきます。

セッションをする人は、その人がインスピレーションとつながり、

どのように感じてもよいのだということをサポートすることが

役目となるのです。

その人のインスピレーションに対し、適切な問いかけはしても、

コメントはしないのです。

DayaもOHカードを通してそれを学んでいったのですが、

私たちは人の引いたカードに自分の解釈を加えて聞いたり、みたりしがちです。

そして、自分の見解を相手に伝えたくなります。

これはもう、多くの人がOHカードで遊ぶと感じることだと思います。

「こういうことじゃないの?」

「たぶん、こういう意味だと思うよ。」

「こうもみえるんじゃないかな。」

「ここでこれがでるってことは、きっとこういう意味なんだよ!」

などなど。

ただ、ここで一歩立ち止まって

考えてみてほしいのです。

ここでいいたがっているのは誰か。

そして、なぜ、いいたがっているのか。

その後ろにある理由はなにか。

ワタシは、ワタシのエゴが、相手に自分の解釈を聞いてもらいたい、

自分の解釈が以下に役に立つのか、いかに深いのかを認めてもらいたい…

そんな自分が恥ずかしながらいるなぁと発見した経験があります。

OHカードはニュートラルな、平等なカードなのです。

ここには、誰がよりよく知っているか、などということはないのです。

みんなが、それぞれにちゃんと自分のインスピレーションとつながることができる。

そして、みんながOHカードを通して、安心してつながり、語ることができる。

それを可能にするのが、OHカードがもっているエチケットなのです。

このカードの特徴は、ここにあると思います。

OHカードの使い方などを学んでいくと、

私たちが普段、いかに乱暴な、いかに押し付けがましい、

いかに痛いコミュニケーションをしているか。

いかに警戒しながら話をしているか、いかに心を開いていないかを

痛感させられます。

そして、心を開いて安心して話ができる素晴らしい瞬間を体験し、

OHカードを離れても、その素敵な向き合い方が身についてきます。

OHカードは自由なカードですから、

カードとしてはセッションで使ってくださってかまいませんし、

それを尊重する意味でも、

誰でもセッションで使うときに資格や使用料などの制限・しばりは設けていません。

しかし、このカードがもつ、エチケット、ルールだけは

どうか、尊重していただきたい。

他のオラクルカードやタロットカードとは

どうか使い方を分けてください。

カードリーダーの役目も、することも正反対になりますので、

ご注意ください。

このカードを使って、解釈をするのはとても痛い体験になることもあります。

とても深い部分を引き出してくれるカードだからこそ、

本当に、慎重になっていただきたい。

OHカードが「怖いカード」「痛いカード」になってほしくないのです。

それだけは、「違う」といいたい。

このエチケット、特徴がもつ意味があまりわからない方は、

対面セッションではなく、

まずはご自身で使ってみてください。

OHカードジャーナルなどで、遊んでみてください。

そして、

私たちが提供しているワークショップや個人セッションを

ぜひ体験しにきてみてください。

また、OHカードの個人セッションに興味のある方は

ぜひ、ワタシDAYAやパートナーのメミさん、

そして近日中(多分夏前)に誕生する認定OHナビゲーターのみなさんたちのもとで

体験されることをお勧めいたします。

OHカードをもっていらっしゃるかたとは、スカイプやお電話でも

セッションができます。

認定OHナビゲーターさんは、私たちの大切にしているOHカードの

素敵なエチケットとコンセプトがしっかりと伝わっていると、

確信が持てる方々です。

逆に、OHcard.jp意外でOHカードを使ったセッションのあり方、

カードの使い方に関しましてはそのエチケットが理解・尊重・反映されているとは

言いがたい場合もありますので、あらかじめご了承ください。

以上、よろしくお願いいたします。

OHcard.jp 代表

Shanti Daya

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちDAYAの雑記カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはOHナビの雑記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01